コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

Home > スクール > コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーション能力向上、スクールなら日本コミュニケーショントレーナー協会

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

最近では、人と人とが面と向かって話をする機会が減ってきており、代わりにメールやSNSといったツールによってコミュニケーションがとられるようになってきています。しかし、仕事を進めていく上では、一人ですべて完結するという仕事は少なく、何らかの形で周りと意思疎通を図っていく必要があります。そのため、高いコミュニケーション能力を持っているということは、良い仕事ができる可能性を広げることになり、その為の努力をしておくことは、とても大切なことです。コミュニケーション能力を高めるための方法としては、まずは相手が何を言っているかをしっかりと聞き取る能力が必要になります。そのためには、相手の話を最後まで聞き、話し終わる前にさえぎってしゃべるなどを控えることです。明らかに自分の意見と違う考えを持っていたとしても、しっかりと話を聞くことで、なぜそのように考えているかを知ることができるだけではなく、相手からは受け入れられている、という感覚を持ってもらうことができます。これだけのことを気を付け、続けていくだけで、コミュニケーション能力を身につけていくことができます。ただ、相手の話題に対する知識をある程度持っていなければ、話しの意味が分からなくなってしまう場合があります。もちろん、知らないことを伝えて簡単な言葉で伝えてもらう、ということもできますが、それにも限度というものがあり、一般的に知っておくべき内容については、普段から意識して身につけておくことです。また、話しをしているときの相手の表情をしっかりと見ておくことを気を付けることも大切です。人は誰でも興味のある話とそうでない話では、その態度は大きく変化するものです。これ以上聴きたくない、というサインを送っているときに、延々と話し続けるようなことは避けるべきであり、相手の反応を観察することも、コミュニケーション能力を高めるためには、必要なことといえます。

注目キーワード

ピア・カウンセリング
障害者が、当事者同士集まり、お互いの苦しさ、辛さを話しあうことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくこと。略称、ピア・カン。 身体障害者から生まれた運動だが、精神障害者や、思春期の悩み対策などにも......
カウンセリング
臨床心理学にもとづくカウンセリング(counseling)とは、専門教育を受けたカウンセラーが、クライエント(依頼者)とのコミュニケーションを通してクライエントの心理的変容を促す過程をいう。 クライエントの日常...