ボックキッチンカー

Home > 自動車 > ボックキッチンカー

ボックキッチンカー

自動車の関連情報

自動車(じどうしゃ、英: car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

今、移動販売車は、特定地域において、なくてはならない重要なものになっています。昭和の移動販売車と言えば、昔懐かしいのどかな夕暮れを背に、近所の主婦が車内の商品を手に取り買い物をする風景を思い出すのではないでしょうか。これは、スーパーが少なかった時代の風景です。最近の移動販売車は、お洒落なラッピングのキッチンカーがランチ時にオフィス街に停車していたり、人気スポットに一時的にスイーツを販売していたりする風景を目にします。これらとは全く背景が異なりますが、移動販売車を必要としている特定地域があります。それは、少子高齢化で過疎化が進んでいる地域です。ここには買い物難民と呼ばれる人たちがいて、その数は全国で700万人に上ると推定されています。買い物難民の多くは、近くのスーパーまで車やバスで買い物に行かなくてはいけません。しかし、高齢のために車の運転ができなかったり、過疎地のためにバスが数時間に1本しか運行していないなどの理由で、スーパーに行くことが困難な状態です。大型スーパーは利益にならない過疎地に店舗を出しません。バス会社も利益にならない路線の運行本数を増やすことはしません。よって、高齢者の多い過疎地は、ますます買い物難民を増やすことになります。この買い物難民の救世主が移動販売車です。食品や雑貨などの生活必需品を詰め込んだ車で、毎週決まった日時に買い物難民がいる地域を回ります。立地のよい場所で商売をすることに比べれば、売り上げは少ないです。2017年7月に総務省が発表した調査結果では、買い物難民対策で実施している移動販売の約7割が赤字であると公表されました。買い物難民対策の移動販売には、総務省が支援強化を要請しているだけでなく、民間企業や社会福祉法人、NPO法人も手掛けており、補助金支援している自治体もあります。しかし、採算が悪化した場合は事業が終了するケースが多く、今後は買い物難民の増加が見込まれています。これは、国に明確な所管府省がなく、連携体制がないことが原因とされています。改善策として、国や自治体に支援や規制の検討をすることが望まれています。

注目キーワード

自動車道
日本の道路運送法[]第二条第8項[]の定義では、『専ら自動車の交通の用に供することを目的として設けられた道で道路法による道路以外のもの』。
軽自動車
日本独自の小さな自動車のカテゴリ。 他の先進国と違い、日本は電信柱など公道が狭いため生まれた。税金面などでの優遇措置がある。 軽自動車の規格が制定されたのは戦後すぐ。その後、法改正が幾度((最大排気量が...