京生麩のお店 愛麩

Home > 生活 > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日本の観光地と言えば、京都を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。日本人の観光客はもちろんですが、近年は外国人の観光客が激増しています。京都には素晴らしい歴史的建造物が多いですし、訪れるだけで心が洗われる気持ちになるはずです。寺社仏閣を観光した後には、京都でしか味わえないグルメを堪能してみて下さい。代表的なグルメと言えば、湯豆腐に京野菜ではないでしょうか。大豆のうま味が凝縮されている湯豆腐は、滑らかな味わいで口いっぱいに大豆の芳醇な香りが広がります。大部分のお店が豆腐コースを提供していて、3000~4000円というリーズナブルな価格で味わうことが出来ます。御味噌を使った田楽も有名ですし、選択肢が豊富にあることも魅力ではないでしょうか。京野菜に関しても、かぶらや大根、更には小松菜が全国に出荷されています。冬の京都は厳しい寒さに襲われますが、厳しい冬を越えたからこそうま味と甘さが備わった野菜が収穫出来ます。牛すきや鴨鍋にたくさんの野菜を入れることで、贅沢な味わいが堪能出来るのではないでしょうか。無論、各種漬け物も全国にその名を轟かせています。漬け物を使った定食を提供するお店も多いですし、ご飯とお味噌汁のシンプルな定食が人気を集めています。荘厳な雰囲気の中で味わう漬け物は、ワンランク上の大人の楽しみ方と言えるのではないでしょうか。毎年、春や秋の観光シーズンには多くの観光客が訪れています。素敵なお土産も豊富に揃っていますし、色々とリサーチをするだけでも幸せな気持ちになれるのではないでしょうか。有名な観光スポットでは渋滞が起きるので、電車やバスを有効に使うと効率良くまわることが出来るのではないでしょうか。京都の方は温くて人情のある性格ですし、お勧めスポットを訊ねると気軽に教えてくれるはずです。有名人が御忍びで訪れるお店も多いですし、それらを探求することで、更に京都の魅力をしることが出来るはずです。

注目キーワード

日本料理アカデミー
(Japanese Culinary Academy、特定非営利活動法人日本料理アカデミー) 世界のシェフとの交流活動や、地域にねざした食育活動などを行うNPO法人。  2004年8月に日本料理の真の姿を国内・海外に発信すべく、京都...
日本料理店
日本料理(和食)を提供する料理店のこと。総務省の日本標準産業分類では、日本料理店の定義は「主として特定の日本料理(そば、すしを除く)をその場所で飲食させる事業所」と定められている。