アテネ・フランセ

Home > スクール > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

わたしは仕事柄、海外に行くことが多いのですが、この度、出張でフランスに行く事になりました。会社にとって重要な取引ということで、現地の人と早く溶け込むためにフランス語の勉強をしたいと思うようになりました。フランス語は発音がすごく難しいというイメージがあったので、独学ではなく、きちんとした学校で習ったほうがいいと上司からアドバイスされました。それでいろいろ調べた所、1913年に東京で開講した語学学校で指導してもらう事にしました。こちらの学校は創立100年以上という歴史があり、これまで多くの文化人を輩出してきたと言う事で、信頼できると感じたからです。 初学者から上級者までレベルに合わせて色々な講座がありましたが、講師によるマンツーマンレッスンを受けることにしました。やはりフランス語の全くの初心者と言うことで、集中して勉強したくてマンツーマンにしました。レッスンでは、あいさつや自己紹介、仕事をする上で必要な雑談などをロールプレイング形式で習っていきました。先生はフランスに長年、暮らしていた方で、きちんと発音を修正してくれるので勉強になりました。おかげで、自信を持ってフランスに出張にいけそうです。

注目キーワード

フランス語講座
*NHKラジオフランス語講座 英語、ドイツ語とならんで戦前からあるラジオ講座のひとつ。応用編ではカリブ海地域、アフリカの作家も取り上げられるようになった。 -主な講師 青井明 天羽均 稲垣直樹 井上美穂 ......
フランス語憲章
(仏:Charte de la langue française、英:Charter of the French Language) 1977年、カナダのケベック州で定められた、州内の公用語をフランス語オンリーとする法律。