大雄山セントラルクリニック

Home > 生活 > 大雄山セントラルクリニック

南足柄市・小田原市で内科や人工透析を専門に治療|大雄山駅からすぐ

病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小田原市,南足柄市で内科や人工透析の病院をお探しの方は「大雄山セントラルクリニック」をご利用ください。透析治療は個室完備・水質管理の徹底により、安心して治療に取り組む事が出来ます。当院へお越しの際は最寄りの南足柄市大雄山駅をご利用下さい。見学受付中。

私の両親は東京に住んでいました。私は仕事の関係で結婚後、神奈川県の南足柄市に住んでいます。ところが去年の年末に、私の母親が他界してしまいました。急な出来事で、全く想像していなかったため、私もそうですが父親はひどく落ち込んでしまいました。私の両親は東京の賃貸住宅で暮らしていました。今後、父親が一人で暮らすことになり、私はそれが非常に心配でした。妻に相談したところ、同居をしてもよいというので、私の父親に、南足柄市にある私の自宅で一緒に同居をしないかと勧めてみました。 すると父親は、週に3回透析を受けているので、病院がなければ困るということでした。南足柄市から通える透析ができる病院はないか探してみたところ、市内に透析を受け付けている内科が見つかりました。調べてみると、この病院では長時間の透析を実施していたり、個室が完備されていたりと、非常に患者のことを考えているなという感じを受けました。父親にこの病院のことを伝えてみると、安心したようで、同居が決まりました。 今では週に3回、この病院に透析に通っていますが、私が送迎できない時でも、病院で送迎してもらえるので、非常に安心です。父親も以前の病院よりもしっかりみてくれると非常に喜んでいます。

注目キーワード

慶應病院
東京都新宿区信濃町にある慶應義塾大学医学部の大学病院。正式名称は慶應義塾大学病院。 →慶應義塾大学病院
病院送り
格闘技などで相手選手に大怪我を負わせる事。