mormor

Home > サービス > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

夫婦ともに東京都内で正社員として勤務しています。私たちには小学校2年生になる子どもが1人いるのですがこれまでは義理の母親が自宅から近いところに住んでいたこともあり子どもの面倒を見てもらっていましたがその母親も高齢のため転倒してしまい足を骨折し入院してしまいました。子どもは夕方までには小学校から帰宅しますがやはり私たち夫婦は残業が発生する職場なので子どもを自宅に1人で置いておくのは心配でした。そんなときインターネットでベビーシッターを行ってくれるmormorさんのことを知りこれだと思いすぐに問い合わせしました。子どもは7歳になりますので自宅内でしたら1人でも大抵のことはできるため家事代行サービスや病児保育の必要はなくそのぶん料金が安くなれば良いと思いmormorさんがベビーシッターとして最適と判断したのでした。ベビーシッターさんには私たちのどちらかが帰宅するまでの平日の2時間をお願いすることにしました。やはり子ども1人だと仕事中も不安でしかたなかったですが、信頼できるベビーシッターさんが付いているというだけでとても安心することができました。職場から帰宅後子どもからベビーシッターさんとこんな遊びをしたと嬉しそうに報告してくるのを見てお願いして良かったなと思います。今後も子どもの健全な成長のためにもお願いしていくつもりです。

注目キーワード

赤ちゃんと僕
漫画 コミック 関連語:リスト::漫画作品タイトル 著者:羅川真里茂 白泉社発行月刊「花とゆめ」で連載されていた漫画。(1996年TVアニメ化) 下手な育児書を読むより参考になる…かも。 花とゆめCOMICSより単行本1...
赤ちゃん本舗
乳幼児向けの関連商品を販売している会社。大阪市中央区に本社がある。1932年創業。1941年2月27日法人化。 →アカチャンホンポ