浪貝畳店

Home > 生活 > 浪貝畳店

世田谷区の畳張替えなら浪貝畳店|畳の新調、リフォームなどもご相談下さい

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

世田谷区の実家をリフォームした二世帯住宅である我が家には仏間があり、当然のことながら畳が敷かれています。毎朝、朝食前にご先祖様に挨拶をすることはもちろん、一日もお供えを忘れることはありません。しかし、仏間はリフォーム時に手を加えなかったため、畳が傷んできてしまったのです。毎日家族全員が正座をする場所であるため、畳が傷んでいるとつい足が遠のいてしまうのです。 そこで、畳張替えを行うことにしました。とはいえ、畳に関する知識は無いため、専門業者に依頼します。依頼したのは浪貝畳店で、世田谷区に工房を構える地元の店ということで親近感が湧いたことが大きな理由です。浪貝畳店が行う畳張替えは畳表と畳縁を新しくする表替えや既存の畳をひっくり返して使う裏返しも可能ですが、仏間であるということから新しい畳に入れ替える新調をお願いしました。 仏間は生活空間ではないスペースで、さらに建てた時期が古いため職人さんに実際の広さを測ってもらい、ぴったりと合うサイズの畳を作ってもらうことにしました。新調された畳は独特の良い香りがしていて、つい用もないのに仏間に足を運んでしまうほどです。新調したことでご先祖様を敬う気持ちも新たになり、良い効果がありました。

注目キーワード

千畳敷
平らに広がった地形で、千畳ほどの広さだと形容した地名・観光地の名称。全国各地に同一の名称がある。 -青森県深浦町 -東京都八王子市 -和歌山県白浜町の砂岩層 -山口県長門市の草原 -長野県の木曽駒ケ岳の渓谷など
折り畳み自転車
自転車を構成する部分を分割あるいは折り畳み可能な構造にすることにより持ち運びや収納に適する特性を有する自転車。 フォールディングバイクとも呼ばれています。