フォトスタジオピエノ

Home > ビジネス > フォトスタジオピエノ

フォトスタジオピエノ 大阪の写真館|大阪市淀川区

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

大阪市淀川区にあるフォトスタジオピエノは、ベビーフォト、バースデーフォト、七五三、成人式、マタニティー、ウェディングなどの大切な思い出写真を、自然光あふれるスタジオでナチュラルに撮影いたします。アンティーク着物の七五三も人気です。

子供が七五三を迎えて、記念に残る写真を撮りたくてフォトスタジオを探していました。 大阪で、評判の良いところがあったので、サイトをみてみると、噂通りの仕上がりにしてくれそうなところで、即決めでした。 さっそく電話をしてスタジオに足を運びました。 7歳の女の子だったのですが、着物も自分で選んで、前撮りの予約をしました。 やっぱりゆっくり撮影したかったので、前撮りにしたのですが、ポーズも色々な感じでとってもらうことができましたし、 スタジオの感じがとてもよく、ちょっと個性の感じるところなのも魅力的でした。 カメラマンの方は、子供の扱いもとても上手で、なりきって撮影することが出来ました。 アルバムを作り、さらにデータでももらうことができたので、親へもプリントしたり、年賀状で使用したりと、色々できました。 また、大きく引き伸ばしてもらって家族写真も撮ったものを家に飾っています。 うちに来る友達は、これどこで撮影したの?と聞いてくるぐらい、仕上がりがとてもよくて、私たちも満足しています。 下の子も七五三がありますし、また卒業の時なども、着物を着たりして、家族で記念写真が撮れたらいいなと思っています。 またぜひ利用したいです。

注目キーワード

写真家
写真撮影を趣味あるいは職業とし、一定以上の写真撮影に関する知識・技術・経験を保有する人。写真愛好家と区別する場合にはプロカメラマンを指す。 フォトグラファー。 関連語 リスト::写真家
銀塩写真
撮影にフィルムを用いる写真。 フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。 さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる......