窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

Home > 住宅 > 窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

サイディングの塗替えについて|窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

塗替えの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サイディングの塗替えについて、問題がない場合や注意事項、窯業系サイディング材塗装に関する知識をご案内。窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所なら無料で専門家にサイディング塗替えの相談ができます。

住宅構造体を外から守る外壁ですが、昔はモルタル塗りが主流でしたが近年はサイディングボードと呼ばれる板状の外装材が殆どです。サイディングには、窯業系・木質系・樹脂系・金属系の4種類があり中でも窯業系は約7割のシュアがあります。窯業系はセメントや繊維質を混ぜ合わせたもので、施工性や価格が優れると共にデザインの豊富さや耐久性が高いのがメリットです。耐久性が高い利点があり、メンテナンスを怠る施主も多くサイディングの継ぎ目や窓廻の防水シーリングが劣化し切れ、雨漏りを起こすケースも多くみられます。 サイディングはメーカーと種類によって耐久性が大きく異なりますが、早ければ5年~10年で何らかの兆候が見られます。 兆候の一部に、チョーキングと呼ばれる表面を手で触ると白い粉が付く場合です。風雨や太陽光で劣化した為で、防水効効果が機能していない事が考えられます。この場合はしっかりと洗浄し塗替えを行う事で耐久性を取り戻す事が可能です。注意点は、外壁メーカーが推奨する塗料を使用する事が重要です。 もう一つにサイディングが反る事があります。この場合は、ビスで反った部分を留め付けするか、一部を張替えて全面塗替えを行う方法もあります。